Home > 能登上布とは – About NOTOJOFU

能登上布とは – About NOTOJOFU

能登上布とは – About NOTOJOFU

 能登上布とは、中能登一帯に神代の時代より伝わる伝統の麻織物で、質・量ともに日本屈指の本麻手織上布である。

「蝉の羽」とも形容される、薄くて軽い盛夏の着物生地となり、麻の持つシャリ感とひんやりとした風合い、丈夫さが特徴である。
 また、能登の風土に合った素朴な色合いと伝統の絣模様には、時代を超えて飽きのこない気品と美しさがある。

 櫛押し捺染(くしおしなっせん)やロール捺染といわれる能登独特の絣染め技法による精緻な経緯絣(たてよこがすり)の製造を代表とする工芸技術が石川県指定無形文化財となっている。